大きくする 標準 小さくする

桐生ラガーズブログ

2012年群馬県リーグ ダンボ戦

投稿日時:2012/12/15(土) 00:00

毎度、更新が遅くなってすみません。
群馬県リーグ ダンボ戦レポートのです。


去る12/9(日)群馬県リーグ ダンボとの対決。
今春、プレーオフトーナメントでは敗戦を喫しているため、何としてもリベンジしたい。


試合当日、ドクターバスを使わせて頂きました。いつもありがとうございます。
バスの中では終始・・・・わきあいあいモード(笑)
それでも、珍しく予定時間より出発し、予定到着時間より早く現地入り。
「こんな日は何か良いことが起こるのでは・・・」という期待を持たせながら、他のメンバーも徐々に集合。
集まったメンバー数も今年最多!!毎回、これくらい集まって欲しいです・・


12:00からのアップも無事に終わり、千木良主将の掛け声も(何とか)うまくおえ、いよいよキックオフ!

開始直後、マイボールキックオフで敵陣深く蹴り込み、プレッシャーをかける。
相手がタッチへ蹴り出し、敵陣でのマイボールラインアウトのチャンス。
ラインアウトをうまくキャッチし、そのままモールで押し込む。
あと一歩のところで押し切れなかったが、相手がペナルティ。
再度、タッチへ蹴り出し、敵陣ゴール前でマイボールラインアウトの再チャンス!
投げる山口、キャッチ北村、モールを形成。
そのまま押し込み、FL黒澤が見事トライ!!
開始、数分の出来事だった。

このまま勢いにのるかと思ったが、相手バックスに一気に走られ、PGを許してしまう。
それでも、今日の桐生ラガーズは前向き。
とにかく、相手陣地へ攻め込み、前へ前へ!
バックスが展開し、WTB山上博が抜け出し、トライ。すぐに点を取り返す。
ディフェンスでもLO山口の強烈なタックルが炸裂!
FW、BK一体となり、スクラム、ラインアウトでもプレッシャーをかける。
相手のキックもFB石井を中心にうまく処理。
途中、相手に得点を許すシーンもあったが、前半27-20と、リードして折り返す。


後半になっても、動きは衰えず。
FWがセットプレーで奮闘すれば、BKが豪快に走りだす。
ラインアウトモールから、FL永井のトライ、相手を置き去りにするスピードでCTB佐藤、FB石井もトライを重ねる。
バックスのサインプレーから、WTB山上博のトライとさらにリードを広げる。
ディフェンスでも相手に好機を許さず、積極的に攻めたてる。
結果、後半相手に得点を許さず、47-20と勝利!!
群馬県リーグ天王山を見事制した!


久々の登場、飯尾代表からも、「FWが良く頑張った」と嬉しいお言葉を頂いた。
まだ、1試合残っているので、残りの試合も頑張りたい。
(レポートアップ時点で、残りの試合は不戦勝となりました。よって、群馬県リーグ全勝優勝☆)
 


そして、そして、そして×3
その夜、盛大に祝勝会が行われたことは言うまでもない・・・
特に、怪我で試合に出場できなかったO見T文親方が輝いていました。
O見N生「ほんと、すみません・・・」