大きくする 標準 小さくする

桐生ラガーズブログ

2011年群馬県リーグ‗ラクーンドッグス戦

投稿日時:2011/10/02(日) 21:43

秋の日が訪れる中、9/25(日)桐生ラガーズは群馬県リーグ初戦を迎える。
相手は、強豪ラクーンドッグス。
巨漢の選手が多くおり、スピードあるバックスも健在。また、組織としてもまとまっているチーム。
最近の試合でも接戦の試合ばかりで、桐生ラガーズの力が試される。


先日の東日本クラブトーナメントの試合の余韻が残りながらも、過剰になりすぎな自信を抑え、試合に挑んでいく。


今回の試合は、地元桐生市のさくら遊園。
ラガーズファンもつめかけ、グランドの横では、ラガーズ保育園も開園(^^♪
みんな乗り物で元気に遊んでいました☆


メンバー選考にあたふたしたせいもあったが、アップを開始。
東日本の疲れの様子もなく、みな機敏に動いていた。
この日は、SO山上、LO小見が不在のため、普段とは異なるポジションの選手もおり、試合の展開が心配される。

 

13:00 群馬県リーグの開幕を告げるキックオフ。
序盤、相手陣へ攻め立て、PGで先制!!
しかし、ここから相手の激しいアタックを受ける。
巨漢FWが密集サイドを突進、動きのよいBKのランニング。
桐生ラガーズもなんとか防ぐも、相手にトライを許してしまう場面もあり、
前半、10-7で僅差のリードで折り返す。

後半、相手に先手のトライを許し、10-14で逆転されてしまう。
焦りもあっただろうが、ここから、桐生ラガーズの快進撃が始まる。
バックス展開から、期待のルーキーWTB石井が抜け出し、ゴール正面にトライ!
さらに、ゴール前ラインアウトから、モールで押し込み有馬隆がごっつぁんトライ!
連続攻撃から、うまくブラインドサイドを抜け出したWTB安城がトライ!
最後、FWサイドを攻めたて、HO有馬義がダメ押しのトライ!

後半になって、足が動いてきた桐生ラガーズ。
結果、34-14で見事勝利!

試合が連戦となり、疲れも心配されたが、元気に走りまわる姿もあり、今後の試合につながる内容となった。
今後も、負けられない試合が続くので、精進していきたい。